太陽光発電は見積りで業者を選ぶ

太陽光発電は非常に高額な買い物ですから、失敗してしまうとダメージは非常に大きなものになってしまいます。
太陽光発電で失敗をしないためのポイントは「良い業者を選ぶ」ということです。
信頼できる良い業者と出会うことができれば、それだけで太陽光発電システムの導入はうまく行ったも同然と言えます。
では、良い業者とはどのような業者のことを言うのでしょうか。
まず、良い業者を判別する方法として導入実績が多い業者があります。
太陽光発電は近年非常に人気があり、注文数も多いことから、最近になって他業種から参入してきた業者もたくさんあります。
こういった新規参入組の業者の多くは社員に専門的な知識やノウハウを持っていないところが多く、安全して任せるには不安があるかもしれません。
目に見える部分だと、メーカーの販売登録番号や施工登録番号があるかどうかで、ある程度の確認ができます。
以前は太陽光発電の販売業者に悪徳業者が多かったため、イメージを改善するために各メーカーが取り扱いメーカーに対して指導を行い、正規の資格を与えるようになってきています。
ですから、業者に正規の登録書があるかどうかを確認してみるのも良いでしょう。
また、見積りを依頼するのも業者を見極める良い方法です。
いくつかの業者に見積りを出すとその返答がきますが、見積りの書式はそれぞれの業者によって違います。
業者によっては太陽光発電システム本体の価格の他に工事費用や設置に必要な架台や固定金具の費用、使われる建材の費用、アフターサービスの内容などまで詳しく答えてくれるところもありますが、中には全体の料金だけを書いてきたり、商品の代金だけを書いてきて工事費は記載していない業者などもあります。
こういった業者はトラブルになりやすいので利用するのは避けた方が良いでしょう。
太陽光発電システムは15年も20年も使い続けるものですから、それだけ業者さんとの付き合いも長いものになります。
ちょっとした不安点や疑問点があった時にいつでも気軽に相談できるような信頼関係を構築することがとても大切になります。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>