太陽光発電のメーカー選びのコツ

太陽光発電システムを自宅に導入する際に、どのメーカーの製品を選んだらよいかということを一般の人が判断するのは非常に難しいことです。
しかし、だからといってセールスマンの勧めるままにメーカーを選んでしまっては悪徳業者に騙されてしまう可能性も出てきます。
信頼できる業者がいればお勧めの商品を購入しても良いのでしょうが、その際にもメーカーごとの特徴や傾向を最低限知っておいたほうが話はスムーズに進むのではないかと思います。
まず、メーカーの知名度や信頼性で選ぶのならばやはり国内のメーカーが良いでしょう。
シャープや京セラ、三菱電機、パナソニック(旧三洋電機)などの国内メーカーを購入しておけば、もしも何かトラブルがあった時に安心でしょう。
特にシャープは国内シェアでトップを長年続けていて導入例も非常に多いので、なにか疑問な点があった時に正解を見つけやすいということがあります。
太陽光発電にとにかく多くの発電量を求めるならば東芝がお勧めです。
東芝の太陽光発電はアメリカのサンパワー社のソーラーパネルを採用していますが、この製品はバックコンタクト方式という独特の技術を採用していて変換効率に非常に優れています。
もし、設置面積が広くとれない場合には東芝の製品を選ぶことで大きな電力を得ることができます。
価格で選ぶならば、シャープや京セラといったメーカーがお勧めです。
両者とも製造コストの安い多結晶シリコンを使った太陽電池の生産を続けていて、単結晶シリコンを使っているメーカーに比べて価格面でリードしています。
ただし、発電効率はそれなりです。
保証面で考えるならば昭和シェル石油グループの運営するソーラーフロンティア社の製品はどうでしょうか。
他の業者の多くが10年間の長期保証を行っているのに対して、ソーラーフロンティア社では20年の長期保証を行っています。
また、ソーラーフロンティア社は太陽電池の原料としてシリコン半導体を使わずにCIS太陽電池という化合物系太陽電池を採用しています。
まだ新しい技術ですがシリコンよりも入手が容易であるため、将来的にはさらなる低価格化が期待できるのも魅力の一つです。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>