Archive for the ‘春日部市’ Category

埼玉県春日部市で一昨年開かれた太陽光発電の補助金の説明会で、大変興味深いお話がありました。
それは新築の段階から太陽光発電システムを導入するのと、既存の住まいに導入するのとでは、どちらのほうが費用がかかるかというお話です。
答えは、新築の家に太陽光発電システムを導入するほうが約2割も安いそうです。
太陽光発電システムを導入薄ためには、一般家庭で200万円から250万円前後の費用がかかります。
2割安になるということは、40万円から50万円安くなる計算です。
この2割の削減はどこからくるのでしょう。
新築の家でも既存の家でも、太陽光パネルやコンデンサーなどの機材そのものの値段はほとんど変わりません。
変わるとすれば、取り付けるための工賃になります。
新築の場合、建築工賃の一部に、太陽光発電の工賃も含まれてしまうということなのでしょう。
また、新築の家に太陽光発電を設置するメリットは安さだけではありません。
デザイン性の問題でも、大きな差がでます。
既存の家に設置する場合、屋根の形や設置スペースの問題もあり、デザイン性まで考慮する余裕がないというのが現実です。
一言でいえば、屋根に太陽光パネルが乗っかっているといったイメージでしょうか。
しかし、新築の段階から太陽光パネルを設置する場合は、そのことを考慮した屋根のデザインになるので、設置した後の見た目もうまく屋根のデザインに溶け込んで、違和感がありません。
太陽光パネルがあることすらわかりにくいようなデザインのものまであります。
このように価格やデザイン性の問題から太陽光発電システムはできれば新築の段階から設置することがお薦めですね。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>